コンテンツにスキップ

カジノの王様!!世界と日本のバカラの歴史

ギャンブルと言えばバカラを思い浮かべる人は多いでしょう。現代はビットコイン バカラで世界中どこにいてもゲームを楽しめます。わざわざラスベガスなどに行く必要もなくなりました。

バカラの歴史

バカラの発祥は実は正確にはわかっていません。歴史書にそこまで詳細な記載はないようです。一番有力な説は14世紀にイタリアで誕生したというもの。それがフランスまず伝わり、ヨーロッパ全土に広がっていったと言われています。最初は貴族の遊びだったようですが、後に庶民にも遊べるように改良されていったようです。ミニバカラと呼ばれる少額でも遊べるバカラなどはおそらく一般層の大金を賭けられない人たちでも遊べるように作られたルールだと思われます。ちなみに、バカラとはイタリア語で「ゼロ」や「破産」を意味します。過去にはハイリスクなルールのものもあったようです。

日本のバカラの歴史は浅い?

日本でのバカラの歴史も詳細にはわかっていないようですが、あまり古くから(それこそ何百年も前から)バカラがプレーされていたわけではないと思われます。日本人は賭博好きではあり、昔からギャンブル自体は行われていました。実際、時代劇などではよく賭博シーンが出てきます。丁半賭博(サイコロを使ったギャンブル)が特に有名です。ツボにサイコロを入れてよく振ってからその場に逆さまにして置き、参加者は「丁(偶数)」または「半(奇数)」を当てるというものです。単純であることや2択ということからバカラと似ていますね(バカラは、バンカーかプレイヤーか引き分けかの3択だが、引き分けは確率が低いのでほぼ2択)。ただ、トランプ関連の賭博は少なくとも欧米の文化が入ってくる19世紀半ば以降でしょう。トランプの発祥に関しても諸説ありますが(中国説、インド説、エジプト説、など多数)、少なくとも日本発祥ではないので、鎖国時代にバカラは行われていなかったことになります。

日本のバカラの歴史はこれから

日本でもすでにアミューズメントカジノはあるため、バカラの歴史は始まっているとは言えます。ただ海外と比べると、特にバカラに関して特有の歴史があるわけではありません。日本のバカラの歴史が本格的に作られていくのはこれからでしょう。ようやくIR法案がまとまって、日本でもカジノ建設に向けて具体的な計画が進み始めています。歴史的にみると、バカラは国によってルールや呼び方が違ったりします。オンラインカジノでも様々なルールが用意されおり、たとえば、大当たりのあるもの、少ない予算でも遊べるもの、特別な演出があるもの、などがあります。日本でカジノができた場合、日本版のアレンジが何か入る可能性もあります。

まとめ

今回はバカラの歴史について少し調べてみました。マカオでは大会が開かれるほどバカラは人気があります。バカラは単体で見るとほとんど運のゲームですが、中長期的にみると戦略があります。マーチンゲール法と呼ばれるものが有名です。長い歴史の中で、このような戦略も生まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です