コンテンツにスキップ

日本で人気急上昇のバスケットボール、スポーツベッティング合法化は実現するか?

日本におけるバスケットボールの人気は、1990年代に連載された代表的な漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』が多くの読者の想像力をかき立て、バスケットボールに興味を抱かせたことに起因している。

井上雄彦が作画を担当した『SLAM DUNK』は、1990年10月から1996年6月まで『週刊少年ジャンプ』で連載された。不良の桜木花道が、好きな赤木晴子の気を引くために湘北高校バスケットボール部に入部する。

桜木はスポーツの経験はなかったが、途中でバスケットボールに純粋な情熱を見出す。 瑠川楓、三井寿、宮城リョータといったライバルたちと強力なチームを結成し、キャプテン・赤木剛憲の夢である全国制覇を目指して奮闘する。

この漫画はアニメ化され、日本だけでなく海外でも絶大な人気を博し、最近では2022年12月に劇場版アニメが公開された。

しかし、このような文化的影響力にもかかわらず、日本ではバスケットボールはいまだに野球やサッカーとの厳しい競争に直面している。Bリーグはこのスポーツの知名度を上げようと努力しているが、まだまだ発展途上だ。

人気は高まっているが、それほどではない

現在、バスケットボールのプロリーグが存在し、国際舞台で注目される選手もいるが、バスケットボールの知名度は、より確立されたスポーツに比べれば、相対的に低いままである。

また、スポーツベッティングを含むほとんどのギャンブルは、TOTOのサッカーくじのような一部の例外と、特別な規制の下で認められている競馬や競輪などの一部のスポーツを除き、日本の法律では現在違法となっている。

しかし、スポーツベッティングが合法化されれば約7兆円の市場規模があると推定されることから、日本でのスポーツベッティング拡大に関心が高まっているが、完全解禁には懸念や強い反対がある。

規制を回避するために、オープン懸賞を提供し、日本の賭博法の範囲内で運営するサービスも登場している。さらに、さまざまなプロジェクトがブロックチェーン技術とeスポーツトーナメントの融合を模索しており、スポーツベッティング市場に新たな可能性を導入することで、バスケットボールベッティングが可能になるかもしれない。

2022年9月に実施された調査によると、日本のプロバスケットボールリーグのファン数は約500万人で、野球、サッカーに次いで人気の高いプロチームスポーツの一つとなっている。

その一方で、バスケットボールは、特に学校の課外活動として、カジュアルなプレーヤーの間でも大きな人気を誇っている。学生の参加スポーツでは、サッカー、テニス、野球と並んで常にトップ5に入っている。

2021年10月の調査によると、日本では約405万人が積極的にバスケットボールに参加しており、特に学校のスポーツプログラムの中で、日本で最も人気のあるチームスポーツの1つであることがさらに浮き彫りになった。

この増加の一因は、NBAを中心とする世界的なスポットライトの中に、私たちのプレーヤーを何とか位置づけているという事実である。

NBAで活躍した日本人選手たち

NBAで活躍した日本人選手は、歴史を通じてその名を馳せ、障壁を打ち破り、アスリートを目指す人々に勇気を与えてきた。日系アメリカ人のガードだった御坂亘は、1947-1948シーズンにニューヨーク・ニックスに入団した、NBA初のアジア系選手だった。彼の短期間の活躍は、非白人やアジア系選手に門戸を開いた。

J. 現在は桜木ジェイアールとして知られるR.ヘンダーソンは、1998-99シーズンにバンクーバー・グリズリーズで1シーズンプレーした。田臥勇太は、2004-2005シーズンにフェニックス・サンズで日本人初のNBA選手となった。現在はトロント・ラプターズに所属する渡邊雄太は、メンフィス・グリズリーズやメンフィス・ハッスルに貢献。

しかし、ブレイクのきっかけとなったのは、そのスキルと仕事熱心さでバスケットボール界を魅了した八村塁だった。2019年NBAドラフト全体9位で指名された八村塁は、ワシントン・ウィザーズ、そして後にLAレイカーズで大きなインパクトを残し、日本で最も活躍したNBAスター選手となった。

その多彩な得点力、ディフェンス力、リーダーシップにより、NBAオールルーキーセカンドチームに選出された。210試合に出場し、1試合平均12.5得点、5リバウンド、1.3アシストを記録。

2019年12月14日、雄太と塁は日本人選手として初めてNBAのコートを共にするペアとなり、歴史に名を刻んだ。しかし、両選手が国際舞台で日本バスケットボールの知名度を高める上で極めて重要な役割を果たした一方で、2023年FIBAワールドカップは異なる展開を見せた。

塁は当初、この大会に日本代表として招集されていた。しかし、NBAのシーズンとプレーオフでの体力的な負担を考慮し、八村はFIBAワールドカップへの出場を辞退した。この決定により、2023年に開催されるFIBAワールドカップに出場する日本人NBA選手は雄太ただ一人となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です