Skip to content

日本中央競馬会が馬の引退後を支援

日本中央競馬会(JRA)は、引退後のベテラン競走馬に安らぎを与えたいと考えています。このような取り組みは、2021年5月下旬に地方の牧場を対象に実施されたばかりで、JRAは少なくとも28団体に資金援助を行いました。当初は他に42団体から問い合わせがあったそうですが、70人中28人しか支援を受けられなかったそうです。他の団体は独立して活動することを選択しました。

JRA馬事アドバイザーの西尾隆弘氏は、このプログラムには他に目的はないと言います。馬主が継続的に行わなければならない義務なので、収益性の高い事業ではありません。引退した競走馬が天寿を全うするまで、安心して快適な生活を送れるような選択肢を与えることがビジョンです。

競馬における馬の一生

サラブレッドは、レースをするためだけに牧場に委託されて生まれてきます。産業革命以前の古い時代とは異なり、トラックなどの機械技術の発展により、農場での馬の仕事はなくなりました。ほとんどの国では、生まれた馬は、ステークスレースに出場するか、馬術競技場でパフォーマンスをすることを目的としています。

日本で産まれた馬のうち、競馬で成功するのはほんの一握りという悲しい現実があります。引退後の馬は繁殖所で働きますが、それは2つの条件のどちらかを満たした場合に限られます。

  1. 貴重な血統に属する馬であること。競馬機構は、チャンピオンの血統から生まれたかどうかを確認するために、血統を記録しています。レースで活躍できなかった馬でも、繁殖場で活躍するのは、子馬が成功をおさめた祖先の性質を受け継ぐ可能性が高いからです。
  2. 競走馬として印象的なトラックレコードを持つ馬であること。競走成績は血統によって左右されるため、G1参加馬の多くは前世代の有名競走馬の子孫です。しかし、中にはダークホースと呼ばれる、出自の分からない意外な才能を持った馬もいます。彼らが高額賞金のかかる競技のチャンピオンになれば、独自の血統の始まりとなります。

残念ながら、引退後に良い生活を送れる馬は限られています。各レースの上位3頭の幼駒しか3歳のシーズンに入るチャンスがないため、初年度のレースに出られない子馬もいるのです。ほとんどの農家は自分の馬を低額レースに参加させてキャリアを守ろうとしますが、その選択肢も狭き門です。

実績も血統もない馬は、淘汰されるか、北海道の非営利の牧場に移されるかの2つの選択肢しかありません。ほとんどの牧場では、誰も買ってくれない馬を扱いたくないので、仕方なく手放すことになります。サラブレッドは人工的に飼育されているため、生来の生存本能がないので、野生に帰すのは望ましくありません。

競走馬の再雇用と引退後の環境改善

JRAでは、このプログラムの2つの要素を重点的に実施しており、その1つが引退馬の生活環境の改善です。もうひとつは、引退した競走馬を再雇用して、馬主に尽くしたり、自活したりする方法を見つけることです。西尾氏は、引退した競走馬にふたたび役目を与えることで、社会の中での居場所を見つけることができると考えています。

JRAのビジョンのひとつに、日本で馬が当たり前に存在する社会を作り、子供たちが馬に興味を持てるようにするというものがあります。また、馬たちが他の産業にも組み込まれていくことで、「馬は競馬だけのもの」という認識も変わっていくでしょう。また、サラブレッドだけでなく、日本の在来馬にも再調教プログラムが提供されるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です